就職活動 資格

大人ADHDがTOEIC800点を目指し勉強スタート!英語が資格試験でコスパ抜群

先日、7、8年ぶりに転職エージェントに相談してみました。
会社員を退職してから現在まで続けているアフィリエイトの経験は無駄にならないようですが、大変な転職活動になるのは間違いなさそうです。。

そこで最近始めたのが、英語の勉強

最近ではPythonやFPなどを勉強してきましたが、今回なぜ英語の勉強を始めたのか、現状の英語レベルと共にご紹介していきたいと思います。

転職活動を意識してTOEIC(英語)の勉強をスタート

まだ自営業を辞めて会社員になるとは決めていませんが、アフィリエイトの売上が激減している今、転職活動をせざるを得ない可能性も出てきました。

こちらは現在の自分の立ち位置を知る為に転職エージェントに相談したときの記事です。
案外、アフィリエイトの経験は役立ちそうなことは分かったものの、転職活動は相当苦労しそうです。

今からできる転職対策として考えたのが、英語力を高めること

英語が使えることで外資系企業や日系企業でも英語を使う仕事など可能性が広がっていきます。
だいぶ前から今のビジネスには英語力は必須と言われてきましたが、実際に英語力がある日本人はそれほど多くないのかなと思っています。
だから英語力があるだけで一歩リードできるんじゃないかなと。

また、転職活動で役立つ数ある資格の中でも英語が一番コスパが高いのかなと思っています
サイドビジネスないし転職の武器として、公認会計士や司法書士、社会保険労務士などの独立資格を検討しましたが、合格できる可能性は乏しくハードルが高いので却下。
その点、英語は勉強すればするほどスキルが伸びていきますし、半年から1年近くの勉強で転職活動に有利になるだけの英語力を身につけることが可能になるのかなと思いました。

英語力の目標は書類選考通過可能なTOEIC800点以上

英語力を高めるというのはすごくざっくりとしています。
簡単な英会話でも良いのか、ビジネスでも通じるような英語なのか「英語力」だけではパッとしません。

目指す英語力とは、TOEICでハイスコアを取ることです

TOEICとはご存知の通り、リーディングとリスニングで構成された990点満点の試験です。
転職や新卒の就活において英語力を測るのに使われています。
最近では日系企業でも公用語を英語としているところも増えていますが、その時にもTOEICのスコアが使用されています。

当然ながらTOEICでハイスコアであれば英語力が高いことを示すことが可能です。
990点満点のうち、一般的にハイスコアとされるのがTOEIC800点以上と言われています
800点以上の取得者は全体の13%前後、900点以上は3%ちょっとの割合です。

英語力が必要になる求人でも要求するTOEICのスコアはマチマチですが、多くがTOEIC800点以上であれば募集要項の条件をクリアすることができそうです。
そこで目標にするTOEICのスコアを800点と設定しました

実は転職先として狙っている企業があるのですが、求められるTOEICのスコアは最低でも850点、出来れば900点くらいを必要としています。
いきなり目標値を900点に設定するのは無理ゲーすぎるので最初の目標としたのが800点です。

ちなみに、TOEICの試験ではスピーキングは出題されていません。
リスニングに関しても試験のクセのようなものが存在するらしく、英語というよりTOEICに焦点を当てた勉強方法もあるのでTOEICハイスコア=英語力が高いとは一概に言えないとのこと。

とは言え、応募条件や書類選考を通過しなければ何も始まりません。
まずは、TOEIC800点のハイスコアを目標に英語の勉強を頑張っていきたいと思います

現在のTOEICは300点くらい?1000時間は必要そう

最後に受験したTOEICが2010年6月なので現在の英語力が全く分かりません。
この時のTOEICのスコアは605点です
平均的なスコアだと思います。

この時、外資系企業で働いており、上司や同僚が外国人で英語の環境にありましたが、それでもこのスコアしか取得できませんでした。。
毎週のチームミーティングは英語で行われていましたし、新人の自分がminutesを作る役割がありましたが全く出来なかった覚えがあります…。

それから10年以上が経った現在までに英語の勉強は一切行ってきませんでした
外資系企業を退職してから国内のMBAに進学しましたが、必要とされる英語力は主にリーディングだったのであまり苦労しませんでしたし、その後に転職した企業でも英語を使う機会はゼロ。
さらに、アフィリエイトとして自営業をスタートしてから現在までも英語を求められることはありませんでした。

もしTOEICを受験したらスコアは300点台かなと予想しています
英単語も忘れていますし、英文読解にも全然慣れておらず意味が分からない状態です。
1週間くらい前から英語の勉強をスタートしましたが、中学英語でも何だっけ?という感じです。

あくまで目安ですが、TOEIC350点の人が850点を取得するまでに必要な勉強時間は1,225時間とのこと。
1日3時間勉強を続けても1年間…。
とりあえずかなりの勉強時間が必要になりそうです。

短期間でTOEIC800点を獲得する為の英語の勉強方法

現状と目標値では大きな開きがあることははっきりしています。
英語の勉強に大きく時間を割くことができるのはせいぜい1年程度だと思っています。

そこで、今後の英語は、TOEICにフォーカスした勉強方法を取る作戦です

TOEICは年に10回試験が行われており一種のパターンが存在しているようです。
それは英単語から始まり、文法や読解の問い、リスニングなど傾向があるみたいなのでTOEICにフォーカスした勉強をすることで効率よくスコアアップを図れるのかなと考えています。

数日前から勉強し始めた英単語のテキストは、TOEIC専用のものです。
過去の試験で出題頻度が高い英単語だけを網羅したようなテキストです。
この中には「材木」や「配管工」など普段の日常会話で出題されないような英単語もちょいちょい出てきます。

英単語の他にも、各セクションごとにTOEIC専用のテキストが販売されており、それらを使って勉強を進めていくつもりです。
ホントなら英文法をきっちりと勉強し直したほうが良いのですが、これではあまりに時間がかかってしまうので効率性重視でいきなり文法の問題集からスタートします。

20年近くぶりの英語の勉強ですが、意外にも英単語や文法はなんとなく覚えており、読解もスローですが何となく読めなくはない感じです。

でも、大きな問題はリスニングです
簡単な文章でもさっぱり聞き取れません。。
そもそも、ADHD(注意欠陥多動性障害)の影響なのか耳からのインプットが苦手なので日本語を理解するのも大変なのに英語は聞き取れるのか不安です。
英単語を見たら0.1秒で日本語訳を思い出せないとリスニングは難しいらしいので今は英単語を繰り返し勉強しています。

まとめ

ここ数年、様々な資格やスキルを検討ないし勉強してきました。

でも、その勉強が全くアウトプットに結びついていないのが現状です

ここで言うアウトプットとは、売上やビジネスのアイディアなどのことです。
ここ数年でトライした勉強は全くアウトプットに結びついておらず、厳しい言い方をすれば無駄な数年間を過ごしてしまいました。。

もう年齢も30台後半…。
こそは英語力を上げてアウトプットに繋げていきたいと思っています

ADHDの影響なのか勉強や仕事で集中力が持続しない悩みを抱えていました。
そこで英語の勉強を効率よく行う為に色々と試行錯誤をしています。

-就職活動, 資格
-, , , , ,

© 2022 FreeeRoom