マイTwitter案内

タムタム(@freeeroom_new)というtwitterにて毎日の投資結果や日々の日常生活、東京などの写真を投稿しています。

是非、フォローよろしくお願いします(`・ω・´)

就職活動

30代自営業が会社員に転職は難しい?アフィリエイト経験が意外に使える

会社員を辞めて自営をやって7年が経過。
コロナの影響で売上が激減していますが、自分のリズムで働ける自営は発達障害である自分にとっては理想的な仕事です。
気持ち的には一生涯、会社員になるつもりは無いと考えたいです。

でも、今の状況が今後も続くようなら会社員になることも考えなければならないかもしれません。
そこで、現在の自分の市場価値を知るために転職エージェントに登録し面談を受けることにしました

ポイント

転職エージェントは大手2社がおすすめです。

転職市場で評価を知るために転職エージェントに登録

最後に転職活動をしたのは7年くらい前。
この時は「リクルートエージェント」や「doda」、「JACリクルートメント」など大手の転職エージェントに登録しつつ直接応募と併用していました。
最終的には、「JACリクルートメント」からエントリーした企業から内定を貰うことができ入社しました。

そんな中で久しぶりに転職エージェント(キャリアカウンセリング)に申し込んでみました。
転職エージェントに登録した理由はズバリ、自分の市場価値を知ることです

というのも、既に30代後半であり、直近の会社員経験は7年くらい前でそれ以降は自営のアフィリエイトの経験なので年齢・経験的にも転職しづらい状況だと思い、求人具合を知ってみたかったのが今回です。
そもそも、転職について考えるようになったのはアフィリエイトの売上が激減し投資収入もパッとせず貯金を切り崩す生活をしばらく行っているからです。

今回登録した転職エージェントはこちら。

今回は様々な可能性を知りたかったので多くの求人を扱う最大手2社に登録しました。
ただ、最終的にキャリアカウンセラーと面談をしたのはリクルートエージェントだけ。
DODAは申し込みはしたものの面談は辞退させてもらいました。

キャリアカウンセラーとの面談前に準備する必要がある書類として、履歴書や職務経歴書があります。
転職活動が初めての人にはゼロから作成するのはハードルが高いのでサンプルを真似しながら作成すれば良いと思います。
自分の場合は過去に作成したものをアップデートしたものを用意しました。

転職エージェントに似たようなものにリクナビNEXTのような転職サイトがありますが、転職サイトはあくまで求人一覧を応募者自ら選びエントリーするものです。
一方で、転職エージェントでは専属のキャリアカウンセラーが担当してくれるので応募書類や選考情報、内定後の給与交渉など面倒な作業を見てくれます
転職エージェントも転職サイトも料金は無料です。

リクルートエージェント

アフィリエイトでの経験は高評価で大手求人が多数紹介

リクルートエージェントとの面談は、電話形式でした。
コロナ前ならキャリアカウンセラーと直接面談が一般的でしたが、コロナ後は電話かZoomなどオンライン面談になっているところが多いです。

キャリアカウンセラーとの面談の結果は意外にも高評価でした

職歴で一番気になっていたのが、アフィリエイトでの経験をどのように評価してくれるかという点です。
正直、アフィリエイトを活かせる仕事はごく一部でベンチャーくらいしかないのかなと思ってました。

でもキャリアカウンセラーによると、アフィリエイトの経験は大手企業でも活用することが出来る上、強みになるとのこと
企業の多くがインターネットマーケティングに力を入れているのでアフィリエイトの経験は即戦力として評価されるようです。

実際、面談後に紹介して貰った求人には、大手企業ばかりでしたし、どれも好待遇。
年収1000万円~1500万円の求人もちらほら…。
おまけに大手企業なので給与とは別途、住宅手当などの福利厚生も充実しています。

アフィリエイトを活かせる求人の職種としては、マーケティングやコンサルタント、営業企画、データサイエンティスト等の紹介がありました。
データサイエンティストは意外な感じでしたが、過去にPythonやRubyなどのプログラミングを勉強したことがありますし、マーケティングのバックグラウンドも求められるらしいのでそんな職種も納得です。
データサイエンティストは今後伸びしろがあるのでおすすめな職種とのことでした。

この他、職種として企画系や経理という方向性もあるみたいです
会社員時代は経営企画や経理・財務などの仕事をしていましたし、法人の経理・決算は自分でやっているので直近の経験じゃなくてもオッケーらしいです。

30代後半の転職活動・仕事は大変そう…

今回はあくまで情報収集が目的でしたが、魅力的な求人を見ると転職活動やってみてもいいかな…?とちょっとだけ思いました。

でも残念ながら、選考は難しいでしょうし万一採用された後に求められるレベルに応じられる自信がゼロなので転職活動はやれず…

今まで転職活動を数回やってきましたが、30代後半での選考は過去とはレベルが違って難しいと思うんですよね。
年齢的にマネージャーや課長など役職レベルないし管理する立場なので選考も相当厳しそうなイメージです。
面接も今までにないような圧迫面接の予感…。

また、実際に採用されて仕事した時の事を考えると、ホントに即戦力にならないとまさかの試用期間で切られるなんてケースもありそうで…。
これまでも即戦力とは言われても、丁寧に教えてくれる同僚はいましたが、今の年齢だと自分の方から積極的に仕事をしていく感じじゃないとダメだと思うんですよね。

転職活動や仕事のことを想像するだけでもめっちゃ怖くなってきました…
おそらく再び鬱病になるのは必須。

30代ってキャリアの中では一番成長する世代だと思うんですよね。
きっとプレッシャーもハンパではないはずです。

そんな時に自分はアフィリエイトと株式投資でボケーっとしすぎましたね…。
6,7年アフィリエイトをやってきましたが、語れるほど知識も技術もないですし。。

求人の紹介でちょっとだけ夢を見させてもらいましたが、仕事のイメージをすることでしっかり現実的になることができました。
ちょっと普通の会社員としての働き方は今の自分には無理なんじゃないかなと…。。

まとめ

転職エージェントに相談したのは今から半年前のこと。
記事をアップするのを忘れてしましました…。

現在も転職活動は行っていません。
ただ、相談した時以上に売上が厳しくなっているので鬱病が悪化しそうなのでめちゃくちゃ嫌なのですが会社員になる可能性は少しずつ高くなってきた感があります

転職サイトは応募先と直接やり取りが必要ですが転職エージェントと比べるとカジュアルに使うことができます。
基本的に転職エージェント経由での一次面接はキャンセル出来ませんが、転職サイトでは応募者の自由です。
ということで、チラッと「リクナビNEXT」で求人を探してみたところ、面白そうな求人が一つ発見したのでとりあえずエントリーしてみました。
果たして書類選考を通過することができるかどうか…。
(このエントリーは書類選考通過できず…。今後の転職活動の大変さを予感させるような…)

でも、現実的には自分に合いそうな求人は少ないのかなと思っています。
それでも会社員に転職するとしたら奥の手を使うしかなさそうです。
この「奥の手」については別の機会でご紹介したいと思います。

転職サイトはdoda

-就職活動
-, , , , , , , , ,

© 2022 FreeeRoom