会社経営

売上激減でアフィリエイト撤退。新ビジネスは?赤字会社も有効活用していきたい…

新型コロナウイルスの感染が発覚してから1年半。
まさか今になって感染者数が過去最多になるとは思いもよらなかったです。

コロナの影響は様々なところで見られますが、個人的には本業のアフィリエイトの売上が激減したこと。

そこで一つ決断しました。
アフィリエイトから一度撤退をします。

アフィリエイトの売上がピーク時から95%下落

インターネット広告であるアフィリエイトを仕事にしてから5年ちょっとが経過。

最初は個人事業主として開始し、売上が順調に伸び始めた2018年に節税目的で株式会社として法人化をしました。
この時は売上が月200万円以上もありました。

その後はグーグルの検索順位の変動の影響などで月50万円~100万円まで売上が減少したものの費用がほぼかからないので生活するには十分な稼ぎでした。

でも、新型コロナウイルスの感染が発覚し始めた2月以降から売上が一変。
自分がメインに扱っているはユーザーがお店にカウンセリングをして初めて売上になる形態だったので外出自粛によって売上が激減。

新型コロナ感染者数が減少して売上が若干回復した時もありましたが、2021年1月以降は再び感染者数が急増したことで売上は激減
今のところピーク時に比べて9割くらい下落している状態です。

新型コロナの他にも、インターネット広告に対して法令による規制強化やAppleによる広告追い出しなどアフィリエイトで稼ぐには厳しくなってきています。
それでも楽に稼げるイメージが強いのか、仕事を辞めてアフィリエイターになろうといますがおすすめはしませんね…。

新型コロナウイルスが収束すれば売上は多少戻ると期待しながら3,4ヵ月くらい前までは作業を続けてきましたが、もう諦めました。
アフィリエイトは一旦、撤退します

就職支援のJAIC(ジェイック)

アフィリエイトから撤退し3000万円で株式投資

じゃあ、アフィリエイトから撤退して何の仕事をしていくのかが問題です。

3ヵ月前にもアフィリエイトの売上が厳しく新しいビジネスについて模索中とご紹介しました。
この時は、プログラミング開発やAmazon海外輸入、株式投資を新ビジネスの候補として上げています。

アフィリエイトの仕事をほぼしなくなってからこの数ヵ月何をやっていたかというと、株式投資をずっとやっています

株式投資は新型コロナによるコロナショックで割安になった株を1300万円程度で始めたのがきっかけです。
この時はコロナが収束するのは1年は時間がかかるだろうと思っていたので1,2年寝かせるつもりで運用しあくまで副業感覚でした。

でも今年の5月くらいから毎月数百万円単位で資金を投入。
今では遂に運用資金が3000万円を突破。
自分の資産の大半の株で保有するようになった今、副業の範疇を超えて事実上の本業になっています

株式投資でどうやって生活していくか詳しくは投資カテゴリーを見て頂きたいですが、ざっくり言えば数日から長くても1,2ヵ月間で売買を繰り返すスイングトレードという手法をやっています。

6月は30万円の利益確定に成功。
今のところ月40万円を目標にトレードをやっています。
それを達成できれば次は50万円、その次は100万円…と進んでいきたいです。

そもそも今までアフィリエイトの仕事をやってきたのはお金を稼ぐための手段というのもありますが、一番はADHDやASDなどの発達障害を抱えている自分にとって自由気ままに仕事ができるからです

その点、スイングトレードならある程度は自分のリズムで仕事ができます。
大金を投資していますし1分1秒で損益が大きく変わるので株価が大きく変動するようなタイミングはモニターから外せませんが、株式市場が開いている時間帯でもノートレードでバス釣りに行ったりもしています。

本格的に投資をやり始めて3ヵ月くらいが経ちますが、ホント経験がモノをいう世界だなと感じます。
経験値としてある曜日は大きく株価が動きやすいとか、この銘柄は午後が弱い…など実際にトレードしてみないと分からないことばかりです。
だから、本当に株式投資を本業としてやっていけるかどうかは半年ないし1年くらいの時間が必要だと思っています

副業としてアフィリエイトやAmazon海外輸入

投資で6月は目標を達成できましたが、7月は未達。
というより、損切りや含み損が大きすぎて6月の利益を吹き飛ばしてしまったような状態です。

今の収入の不安定さを補うために株式投資に対する副業は必須

副業の一つが、アフィリエイトです。
アフィリエイトから撤退するとは言え、ストック型のビジネスなのでWebサイトがある限り一定程度の広告収入は期待できます。
ピーク時よりも売上が激減しているとはいえ、副業としては悪くない売上があります。
新規でWebサイトを作ることは基本的にないと思いますが、メンテナンスや修正などの軽い作業は定期的に行うつもりです。

もう一つ副業として考えているのが、Amazon海外輸入です。
Amazonは全世界に展開していますが、同じ商品でも国によってニーズの違いなどから価格差が生じることがあります。
そういう商品を主にアメリカのAmazonから仕入れて日本のAmazonで販売し価格差で儲けるビジネスです。

このビジネスも3ヵ月以上前から考えていたんですが最近まで忙しいことを言い訳に手つかずの状態でした。
ただ、やっと日本のAmazonで販売する為のアカウント取得するところまででき少しだけ進むことができました。
この後も、面倒な手続きが複数あり、その上で仕入れと販売の作業等があります。

正直モチベーションは高くないですが株式投資が失敗した時のリスクヘッジとしてAmazon海外輸入ビジネスを育てていく必要があります。

とにかく、アフィリエイトとAmazon海外輸入ビジネスで月30万円以上稼ぐことが当分の目標です
とりあえずこれくらいの収入があれば精神的に安定できそうです。

赤字法人を有効活用したい

アフィリエイトの売上が激減している今、法人として運営していくメリットが薄れてきています。

法人を設立したのは節税目的でしたが、今の売上なら個人事業主としてでも大した違いはありません。
むしろ、煩雑な決算・税務申告作業がある分、デメリットです。
直近の決算でも赤字となり、2期連続の赤字で法人を解散(廃業)か休業を検討していたくらいです。

でも、今後も法人をもうしばらく存続させるつもりです。
というのも、2期連続赤字により繰越欠損金があり、その分の利益は相殺され法人税を負担する必要がないからです

新しくAmazon海外輸入ビジネスをスタートさせようとするなら法人を使わない手はありません。
アフィリエイトでは今後利益が出せるような売上になるのは難しいですが、新しいビジネスならその可能性はあるはず。

ただ、いきなり法人で始めるのはハードルが高いのでまずは個人でやってみてうまく行きそうなら法人にシフトして本格的にスタートしたいところです。

問題はどんな商品を仕入れるか。
まだアメリカのAmazonを覗いたわけではなく、あくまで日本での需要が高そうな商品ということでリサーチしたいと思うのが、ヨガやマッサージ系。
自分自身が腰痛や肩甲骨、肩こりで悩んでいますし、年中ニーズのあるジャンルのはずです。
また、最近20年ぶりにバス釣りを始めたのですが、そのバス釣りで使うルアー(疑似餌)にも興味があります。

どちらにしても、Amazon海外輸入ビジネスは価格差がありニーズが高い商品を仕入れることにあるので近いうちに時間を作って商品のリサーチをやっていきたいです。

まとめ

会社を退職しアフィリエイトに取り組んで6年くらいが経過。

ここ1年は新型コロナウイルスの影響で売上が激減しているものの、それまでにそこそこの貯金を作ることができました。
自分が今、株式投資に3000万円も使えるのはアフィリエイトのおかげです。
大した作業もしていないのに今まで稼いでくれたアフィリエイトにはホント感謝です。

そしてこれからは、今まで貯めてきた資金を使って株式投資をはじめ、Amazon海外輸入など新しいビジネスで稼いでいきます

就職支援のJAIC(ジェイック)

-会社経営
-, , , , ,

© 2021 FreeeRoom