タウン情報

緊急事態宣言後の横浜市の様子。散歩して街から人が消えたと実感

投稿日:

感染者増加で横浜ベイタワーが軽症者に宿泊施設を提供へ

新型コロナウイルスによる緊急事態宣言で人が密集する施設は原則休止になりました。
対象業種は百貨店やスポーツクラブ、図書館など数多くの施設で通常通り営業しているのは病院やスーパー、コンビニ、飲食店など一部。

自分が今住んでいる横浜も11日から東京都と同じ基準で休業要請すると発表しました。
いよいよ全国規模で休業要請になるのかもしれませんね。

神奈川県の状況は昨日時点で感染者数が累計383人。昨日だけで新たに26人の感染が確認されています。

増加する感染者に対して本日アパホテル&リゾーツはみなとみらいにある「横浜ベイタワー」の2311全室を軽症者・無症状者の宿泊施設として提供すると発表。

空室を維持するよりは稼働率を高める手段として提供するのはホテル側にとっては良いのかもしれませんし、行き場所を失いつつある感染者にとっても朗報なのかもしれません。
でも、毎日このホテル周辺を走っている自分からするとみなとみらいに感染が広がるんじゃないかなと不安…。

緊急事態宣言でもランニング・散歩はOK。散歩する人が増えた

外出自粛や自宅待機が増えている中、自分は今もみなとみらいや日本大通り、赤レンガ倉庫など海沿いをランニングないし散歩しています。

緊急事態宣言が発令したことでジョギングや散歩も原則禁止なのでは?との意見もありそうですが、安倍首相の会見で「散歩やジョギングは問題ない」との話がありました

そもそも、自分は家で仕事をしているので散歩やランニングができないと完全に引きこもりになってしまうので健康維持にもランニングは必須。

それにしても最近はランナーや犬の散歩をする人が増えました。
週末ランナーというのか普段着のような格好で走る人も見かけるようになりました。
ジムやヨガも臨時休業となって運動不足を解消するのは外を歩く事くらいしかないんですよね。

ちなみに、ランニングする時は前で走る人から5メートルは距離を開けた方が良いとのことです。
それより近い距離だと前のランナーの飛沫の影響があるとのこと。

みなとみらいや赤レンガ倉庫から人が消えた。休日なのにガラガラ

つい先ほどみなとみらいや桜木町、山下公園などをランニングしてきました。
今日は緊急事態宣言が発令されて初めての週末。街がどんな様子なのかランニングがてら見てきました。

みなとみらい駅周辺は普段なら土曜の夕方は家族連れやカップルなどで混雑していますが人通りはほとんどなかったです。
駅と直結するクイーンズスクエアのお店はどこも臨時休業。パッと見たところこの一帯で唯一やっていたのがマクドナルドくらいでした。

臨港パークや赤レンガ倉庫もいるのはランナーか犬の散歩をしている人。
新型コロナウイルス騒ぎがあった後もこの周辺は人気の観光スポットということもあり観光客らしき人がちらほらいたんですが今日は全くいませんでしたね。

この辺の観光スポットでは大さん橋ふ頭は比較的人がいましたね。
やっぱり感染リスクを考えて屋外で楽しみたい…という人が多いのかもしれません。
しかも今なら大型クルーズ船の飛鳥Ⅱが補修作業のために着港しているので目の前でその様子を見ることができます。

そういえば、帰りに酒屋さんに寄ったんですがお客さんで賑わっていましたね。
居酒屋店の多くが臨時休業する中、自宅でお酒を楽しもうと考えている人が多いのかもしれません。

まとめ

新型コロナウイルス騒ぎ、そして緊急事態宣言発令で横浜市内は一変。
いくら休業要請があったとしてもなんだかんだお店は営業しているんじゃないかなと思いきや、今日散策した中ではほとんどが臨時休業。

こんな状態がこれから1ヶ月も続くんですね。
生活や仕事をやっていけるのか心配です。

コロナウイルスが今後収束しても経済は大きなダメージを受けているので今まで通りに回復するのにはかなり時間がかかりそうです。
自分の仕事も影響をもろに受けているので必死で作業しないと。

もちろん仕事で成果を残すためには健康でいることが大前提。
感染予防対策をしっかりしてこの苦難を乗り切っていきたいですね。

最後にここ最近撮影した写真をいくつか。

-タウン情報
-, , , , , ,

Copyright© FreeeRoom , 2020 All Rights Reserved.