観光

【海外】ハワイ旅行でシェラトンワイキキホテルに宿泊!宿泊代や部屋、インフィニティプールなどをご紹介

更新日:

 width=

夏休みに初めてハワイに行って来ました。

色々と刺激がありホントに楽しめました!
また行ってみたいですね。

旅を楽しめたのも、毎日しっかりと休めたホテルのおかげ。
宿泊したシェラトンワイキキでは食事にアクティビティ、ショッピング…大満足です。

日本人に大人気のシェラトンワイキキホテルについてご紹介していきますね。

ハワイ旅行はシェラトンワイキキホテルに宿泊

2019年8月に5日間、人生で初めてのハワイ旅行に彼女と行ってきました。
海外旅行も10年ぶりだったので何もかも新鮮な旅になりました。

ハワイ旅行での宿泊先ホテルと、航空券の選択肢は多いです。
旅行代理店が作るパッケージ型のツアーもあれば、自分たちで一つ一つ予約して行くこともできます。
英語に自信がない方でも、日本語のホームページのホテルや旅行比較サイトなら簡単。

自分はJTBツアーのホテルと航空券がセットになっているものを予約しました。

ANAのA380「FLYING HONU」に乗ってみたかったですし、4つ星以上の人気ホテルがそこそこの料金であったのでパッケージツアーを選びました。

具体的にホテルは、4つ星以上でワイキキビーチから近く、(他にはないような)プールが付いているなどの条件で探しました。
その中からシェラトン・ワイキキと、モアナ・サーフライダー・ウェスティン・リゾート&スパ、ヒルトン・ハワイアン・ビレッジ・ビーチ・リゾート&スパの3つで悩みに悩んだ挙句、「シェラトンワイキキホテル」にしました。

シェラトンワイキキホテルに選んだ決め手が、インフィニティ・エッジ・プール

シェラトンワイキキホテルは、ハワイで最大級の部屋数を誇り、ビーチやグルメ、ショッピングにも便利な場所にあるので、きっとハワイ旅行の選択肢にあるはずです。
ハワイ旅行を最高のものにするためにも、シェラトンワイキキホテルがどんな感じだったのか、体験談を含めてご紹介していきますね。

夏休みにシェラトンワイキキホテルに5日間宿泊

 width=

JTBツアーで1泊3万円。4つ星ホテル&繁忙期でちょっと宿泊費は高め

JTBツアーから予約したハワイ旅行は、5泊分のホテル宿泊代と、航空券がセットで、222,660円。
そのうち、ホテルの宿泊代が1泊3万円くらい。

オアフ島ワイキキの中ではこの宿泊代は平均よりちょっとだけ高い感じです。
東京で宿泊する場合と比較したら1泊3万円はかなり高いですが、格付けは4つ星なのと、夏休み期間中の繁忙期なので仕方がないですね。

ハワイ滞在中にシェラトンワイキキホテルの宿泊代を調べたら、なんと1泊6万円に。
かなり強気な料金設定ですが、それでもニーズはあるんでしょうね。
予約するタイミングが遅くなってしまうと、同じホテルでも宿泊代がもっと高くなってくるので早めにホテルを押さえた方が良さそうです。

部屋指定なしでもオーシャンビュー!ラナイからは海を一望できました

 width=
(ラナイからの景色)

JTBツアーから予約したシェラトンワイキキは、海側や階数などの部屋を指定しませんでした。
オーシャンビューのように部屋を指定することもできたのですが、すると料金が上がってしまうので良い部屋に当たるように運に任せて…。

どんな部屋になるかは、ホテルにチェックインしてみるまで分かりません。
シェラトンワイキキの部屋指定なしでググってみると、部屋から海が全く見えないとの口コミがありちょっと不安でした。

でも、泊まった部屋はいい感じ。
ベランダ(ハワイ語でラナイ)からは海を見渡すことができますし、海とは反対側の山も見ることができました。

ベランダにはソファーにテーブルがあって結構ゆったりしたスペースになっています。
ベランダから朝日を見ることはできませんでしたが、海を見ながらの朝食はサイコーでしたね。
これだけでハワイにいるなって感じです。

 width=

シェラトンワイキキは開業が1971年で、おそらく建物自体はその時のままのはずです。
これはシェラトンワイキキに限った話ではなくて、ハワイの多くの建物が結構古い作り。地震があまり発生しないからなのかもしれませんね。
ただ、ちょうど来た時には一部のフロアや部屋は改装工事中で、自分たちの部屋は既にリニューアルされ部屋も広々としてキレイでした。

JTBツアーで予約した時は、確かベッドがツインだったはずなのですが、実際はダブルでした。
男友達とかじゃなくてよかった笑
さすがアメリカなのか、ダブルも日本のよりちょっと大きい感じがして滞在中はゆっくり睡眠がとれました。

部屋のコンセントは、日本と同様のタイプでした。
変圧器や変換プラグは必要なくそのまま充電することができます。
コンセントにはUSBも接続できるようになっているので、USBアダプターなしで利用することができました。

Wi-Fi(ワイファイ)は、部屋というよりホテル全体でフリーで利用できるタイプでした。
このWi-Fiはちょっと接続状況があまり良くなかったかも。
でも、シェラトンワイキキではハワイ滞在中にどこでもインターネットができる、Wi-Fiルーターを無料で貸出していたのでハワイ滞在中はずっとこれでネットに接続していました。

ホテルにはコンビニのローソンも。ショッピングや食事も便利

 width=

シェラトンワイキキは、ハワイでも大きなホテルということもあって、ホテル内のショッピング・レストランは充実していました。

お土産系のお店が数店舗ありました。
木材を利用したお土産を扱っているところもあれば、Tシャツやバッグなどのお店も。
中でも特に賑わっていたのが、ハワイ限定の日焼けしたスヌーピーを扱う「モニ・シェラトンワイキキ店」です。
ホテル外からも買いに来るほどの人気店で、自分もマグカップを買いました。

 width=

ショッピングで一番頼りになるのが、コンビニのローソン。
ロゴがローソンのものだけで、その他は何一つローソン感がなかったです。
ここならお土産から医薬品、ドリンク、お酒、お弁当、水着などを買いそろえることができます。
ローソンは、朝6時から夜中2,3時まで営業しているので便利ですよ。

自分が見た限りではホテル内に自動販売機を見なかったです。
これはシェラトンワイキキに限った話ではなく、セキュリティー上の問題から日本のように自販は置いていないみたいです。
だから、ホテルで飲み物を買うならローソンが一番便利です。

レストランは、1階に洋食やピザ、和食など5,6店舗があります。
吉幾三さんがプロデュースした和食店の「吉屋」がホテル内にあるので、ハワイのご飯に飽きた時には良さそう。 

 width=
(ラムファイヤーのテラス席)

すごくおいしくて心地よい雰囲気にさせてくれたのが、「ラムファイヤー」です。
ラムファイヤーは海に面している最高のロケーションで、明るい時間帯はジャズみたいなのを生演奏してくれます。心地よい音楽を聴きながら海からの風がホント癒しです。
メニューは豊富で、サンドイッチがボリュームがあっておいしかった。
実は、サンドイッチと一緒にフィッシュ&チップスを注文したら忘れられたみたいで支払時に料金をタダにしてもらいました…サービスも満足でした。

 width=
(ホノルルコーヒーをホテル1階のカウチで池の鯉を見ながらまったり)

忘れてはならないのが、ホテルの入り口にある、「ホノルルコーヒー」です。
ホノルルコーヒーは麻布にもお店があって時々行くなじみの味なのですが、本場のコーヒーはおいしすぎました!
カフェオレの味がすっごく濃くて、時差ボケで眠くなっていた時には目が覚めましたね。

シェラトンワイキキは立地が良いので、ホテル周辺にはたくさんのショッピングストアや飲食店があります。
何かと便利なのが、シェラトンワイキキから目と鼻の先にある、「ロイヤルハワイアンセンター」。
高級店もあれば、フードコートで手軽に食べることもできます。
ABCストアはホテル内のローソンよりも商品が充実しています。

他のホテルにはない、大満足だった、インフィニティプール

 width=

ワイキキビーチには大手のホテルが並んでいます。
良くも悪くも似たようなハワイには似たようなホテルがあって迷ってしまうのですが、自分がシェラトンワイキキを選んだ決め手になったのが、インフィニティプールです。

 width=

インフィニティ(Infinity)は日本語で無限を意味し、インフィニティプールはワイキキビーチと一体と感じさせ、それこそ無限に続くように思えさせてくれます。
温水プールになっていて、夜でも楽しめます。
大きな浮き輪を借りることができて、海を見ながらプカプラ浮かぶのは何とも言えない贅沢感です。

インフィニティプールの側にある屋外バー「エッジオブワイキキ」から注文することができ、プールに入りながらお酒を飲むこともできます。
このプールは16歳以上とか年齢制限があったので、ゆっくりしたいという人にはもってこいの場所です。
中には、浮き輪に揺られながら寝ている人もちらほら…。

 width=
(矢印の先にうっすらとウミガメの甲羅が見えます)

運が良ければ、インフィニティプールから海ガメを見ることもできます。
自分もラッキーに2回ほど泳ぐ姿を見ることができました。
プールからの海やダイヤモンドヘッドの景色はサイコーですし、夕焼けも素敵です。インスタ映えしそうなシチュエーションなので防水のカメラを持って行くと良いかもしれません。

日本人スタッフのフロントあり。その他は意外に日本語が通じないことも

 width=
(モニ・シェラトンワイキキ店で買ったスヌーピーのマグカップ)

シェラトンワイキキは日本人にもなじみのあるホテルということもあり、日本人観光客が多いです。
実は、シェラトンワイキキは日本の国際興業が所有しているホテルで、そんなところも日本人が多い理由なのかもしれません。

シェラトンワイキキホテルの日本語対応については、意外にも日本語が通じるスタッフはあまりいなかったです。
せいぜい、日本人スタッフがいる専用のフロントや、JTB・ジャルパックなどの旅行代理店の受付くらいでした。

てっきり、ホテル中のスタッフが片言でも日本語がわかるのかなと思っていましたが、フロントのスタッフでも英語で話すしかなかったです。

レストランでもコンビニでもお土産でも、日本語が分かるスタッフはあまりいないみたいです。
レストランでクーポン券の使い方が分からなかった時は、フロントの日本人スタッフに仲介してもらったくらいです…。

ただ、ホテル内外から日本人観光客が多い、スヌーピーのお店「モニ・シェラトンワイキキ」は日によっては日本人スタッフがいる時もありました。
人気な商品は常に在庫切れという状態が続いていたので、いつくらいに商品が届くのか、そんな話を日本語で話せたのはありがたかったです。

もしホテルで困ったことがあった時は、ラウンジの日本人スタッフに聞いてみるのが良いと思います。
他店のことであっても情報をくれたり、通訳してくれたりで親切です。

ワイキキビーチやロイヤルハワイアンセンターへも徒歩数秒の近さ

 width=
(ハワイと言ったらな場所がホテルからすぐ近くに)

シェラトンワイキキの最大の魅力は、立地の良さかもしれません。

 width=

ワイキキビーチは目の前です。
ホテル利用客専用通路から直接海に行くことができます。
海で泳いだ後って疲れちゃいますし砂でじゃりじゃり。おまけに肌寒かったりするので、ホテルまで近いのはホントにありがたいです。
朝にビーチで気軽に散歩なんかもできます。

ホテルの入り口の目の前にはロイヤルハワイアンセンターがあります。
結構大きなショッピングセンターで食事から買い物までここですべてを済ませることもできます。
1階にはABCストアがあるのでちょっとジュースの買い物なんかも手軽。

ホテルから1分くらい歩くと、ワイキキエリアのメイン通りであるカウカウア大通りに出られます。
ここには有名ブランドショップやレストラン、インターナショナルマーケットプレイスなどが並びます。

カウカウア大通りの路地を曲がったところには、楽天カードハワイアンラウンジがあります。
楽天カードハワイアンラウンジは楽天カード保有者なら無料で利用することができます。
ここにはマッサージチェアがあり、疲れた時にも来れる近さにあるのはうれしいです。

大満足だった、シェラトンワイキキホテルのまとめ

初めてのハワイ旅行に、シェラトンワイキキホテルを選んで大正解でした!

部屋の指定をせずにシェラトンワイキキを予約して最初は海も見えない部屋になるのかなと思っていましたが、ラナイから海が見渡せる部屋に宿泊することができました。
ハワイでずっと海を見ているのだから、オーシャンビューの部屋はそんなに優先順位が高くないのかなと思っていたんですが、やっぱり部屋から見る海はまた違った景色でいいですね。

ワイキキビーチを見渡せる、インフィニティプールも気持ちよかったです。
何もせずに、ただボーッと海を見る、最高の贅沢です。

アクセス抜群なのもシェラトンワイキキの大きな魅力です。
ハワイってホントに行きたいところがたくさんありすぎて、5泊7日でもまだまだ行けてないところがたくさん。
無駄なく効率よく移動するためにも、ホテルのロケーションは大事。
繁華街から近かったこともあって、遊び疲れてもすぐホテルで休むことができました。

またハワイに行く時にはシェラトンワイキキホテルを使うと思います。

-観光
-, , , , , , , , , , , , ,

Copyright© FreeeRoom , 2020 All Rights Reserved.