投資

投資額は1200万円!一時は100万円の含み損で失敗感。コロナで割安銘柄をチョイス

更新日:

新型コロナウイルスによる緊急事態宣言が解除されて2週間ちょっと。
そろそろ収束するのかなと思いきや、東京では2日連続で感染者数が40人を超えているとか…。

そんな状況だったので今のマーケットは通常時よりも株安?と考えて久しぶりに投資をスタート。

それが数日前。コロナショックで乱高下する相場で成績はいかに…?

一時は100万円の含み損に。現在も60万円弱のマイナス

投資をスタートしたのが5月28日。
最初に買ったのが、東日本旅客鉄道(JR東日本)と良品計画(無印)。どちらもNISAの利用なので合計して200万円弱の投資です。

そこからさらに買い増しをし続けた結果、6月16日現在では投資金額は1200万円に
1000万円以上投資をするのは想定内だったとは言え、こんなにあっさりと投資をしても良かったのかなと思ってます。。

そして、現時点の評価額は…-587,020円

まさかの60万円弱マイナスです。。
実は、これでもまだ回復した方です。昨日は一時は含み損が100万円を超えていました。

投資を初めて2、3日後に評価額が60万円を超えて専業投資家になれるかな…とか思ってましたがそんなの一瞬でしたね。

自分が投資をスタートしたのがここ数週間では株価が高値の時だったみたいです。
それから株価は下がる一方。タイミングを完全に間違ってしまったみたいですね。

RENOSY(リノシー)

JRや旭化成、国際石油開発帝石、東レなど1200万円投資

買った銘柄は全て保有したままです。
何がなんでも黒字で利確できるまで持っておくつもりです。

現在保有している10銘柄はこちら。

  • JR東日本
  • JR西日本
  • 旭化成
  • 東レ
  • 住友化学
  • 双日
  • 良品計画
  • 第一生命ホールディングス
  • 国際石油開発帝石

JR西日本と国際石油開発帝石、東レが200万円前後。次に多いのがJR東日本と旭化成。

この時から追加した銘柄は、国際石油開発帝石と第一生命の2銘柄です。
さらに、堅実な企業群となりました。

銘柄選びで気をつけたのは、コロナショックでも倒産しないこと
当たり前のことかもしれませんが、今こうやって含み損を抱えてみて堅実な企業を選んで良かったと思ってます。

もし、投資先がバブリーな企業な場合はハイリスクハイリターンですよね。
平常時とは違い、今はどの企業が潰れてもおかしくない時だと思うので成長銘柄とかは怖くて長く持つことはできません。

その点、自分が選んだ銘柄は大手企業ばかり。
倒産するような可能性はほぼない銘柄ですし、コロナが収束すれば元の水準まで戻る余地がある企業を選んだつもりです。

今回の投資の出口戦略というのかエグジットというのか、運用益が2割を超えたら利確していきたいと思っています。
なぜ、2割なのかというと、銘柄全てがコロナショックで平常時よりも2〜3割株価が下がっていたので業績が回復すれば2割くらいの評価益は期待できるんじゃないかなと。

1200万円の投資で2割なら240万円。税金を除けばざっくり200万円。
今、本業の売上が悪いのでなんとしても副収入が欲しい…。

まとめ

既に60万円弱の含み損を抱えている状況なのでプラ転し、評価益が2〜3割になるのは時間がかかりそうです。
ここ最近、損失が膨らんでいくばかりで若干気が滅入っているのでさっさと株を処分したい気持ちもあります。

でも、そこは我慢。
株で副収入を稼ぐために半年ないし1年くらいは保有していく覚悟です。

この投資報告をしてからの2ヵ月後の成績はこちら。

まさかまさかの結果に…。

ドル円100万円キャッシュバック

-投資
-,

Copyright© FreeeRoom , 2020 All Rights Reserved.