ガジェットその他

ソニーα7の初心者レビュー。夜景に強くカメラが軽い。ズームレンズキットで撮影した実写も紹介

更新日:

フルサイズミラーレス一眼レフカメラで話題のソニー「α7 III」を購入

自分はあんまり物欲がない性格。
もったいない精神というか、ケチすぎるので高い買い物はほとんどしません。

そんな自分でも、ずっと買おうか悩んでいたものがあります。
それが、ミラーレス一眼カメラ。

カメラが趣味とは言えないかもしれませんが、カメラ撮影は好きです。
外出する時には一眼レフカメラを持参します。
ランニングする時も良さげだなと思えばiPhoneでパシパシ撮ってます。

結婚を機に東京から横浜に引っ越してきて外出することも増えたので思い切って1月にカメラを購入しました。
買ったカメラが、ソニーの「α7III」。
フルサイズのミラーレス一眼レフカメラとして人気のモデルです。
価格.comのレビューでは4.72と高評価。

ちなみに、今まで使っていたのがCanonの「EOS Kiss X7」。
「α7III」に乗り換える人の多くがフルサイズのモデルだったりしますが自分が使っていたのは5万円くらいのモデル。
フルサイズもミラーレスも何もかもが初めてです。

「α7III」を使ってから早3ヵ月が経過したのでカメラ初心者の自分から見たレビューを紹介してみたいと思います。

「α7III」がヨドバシカメラで3万円値引きの24万円で購入

購入した「α7III」。
具体的には、「α7 III ILCE-7M3K ズームレンズキット」というズームレンズ「FE 28-70mm F3.5-5.6 OSS SEL2870」が付属したモデルです。

買ったのはヨドバシカメラ。
値段は税込で24万円なり。
実は、店頭では27万円の値札が付いていたんですが、「ちょっと安くなりませんかね…安ければ買いたいんですけど…」と言ってみたら結果的に3万円の値下げに。
さらに、ヨドバシカメラのクレカGOLD POINT CARD+で支払いをしてポイントが15%付きました。3.6万円分にもなります。

「α7III」はかなり値段の幅があるモデルで当時の価格.comの平均価格は25万円。
確かAmazonでは27万円くらいになっていたので30万円弱くらいはかかるのかなと迷っていたんですが、まさか実質20万円ちょっとで買えるとは思ってもいませんでしたね。

しかも、この時ソニーは2020年1月末までの期間限定で「α7III」の2万円のキャッシュバックキャンペーンをやっていたので最終的には「α7 III ILCE-7M3K ズームレンズキット」を18万円ちょっとで購入できた感じです。

キャッシュバックキャンペーンが終了した直後には値段が2万円下がりましたが再び値段を戻して今は24万円程度で販売されています。
今ではAmazonはだいぶ値下げをしているみたいで購入したのと同じのが23万円弱で買えるみたいですね。

α7III
created by Rinker
ソニー SONY ミラーレス一眼 α7 III ズームレンズキット FE 28-70mm F3.5-5.6 OSS ILCE-7M3K

「α7 III ILCE-7M3K ズームレンズキット」の初心者レビュー

レトロ感なデザインと軽量ボディで持ち運びが楽ちん

最近のカメラは丸みを持ったデザインのモデルが多いと思うんですが、「α7III」は角ばったデザインになっています。
ゴツゴツしていて一昔前のカメラのようなレトロ感があります。

現時点でαシリーズのα7とα9は10商品発売されていますが、どれも見た目はほとんど同じ。
α9の方が若干大きいくらいで同じシリーズであればデザインの違いにほぼ差はありません。

重量はカメラ本体とバッテリー、メモリーカードを含んで650g。
さらにレンズキットの「FE 28-70mm F3.5-5.6 OSS」が295g。
本体とレンズのトータルの重さは945gです。

意外に重量があるんですね…初めて知りました。
でも、実感としてはフルサイズ独特の重さはほとんど感じません。
エントリーモデルの一眼レフカメラと延長線上にあるような軽さです。

実はこの軽さが「α7III」を買った決め手でした。
同じフルサイズでもキャノンやニコンのモデルならソニーよりも安いですしレンズも豊富です。初めてのフルサイズならキャノンあたりが妥当なのかなと思っていたんですが店頭で持ってみるとずっしりと重い。
せっかく買っても重かったら持ち歩きができないかな…と思って軽量な「α7III」にしました。

手ぶれ補正で三脚なしでも夜景撮影が綺麗

カメラについてはほとんど知識がありませんが明るいところならカメラの差ってそんなに出ないのかなと思っています。
逆に、暗い場所での撮影はカメラの性能が一気に出てくるのかなと。

その点、「α7III」は夜景に強いと感じます。
横浜はみなとみらいに赤レンガ倉庫、大さん橋ふ頭など夜景が綺麗なスポットがたくさんありますが、綺麗に撮影ができます。

手ブレ補正が強いので三脚を使わなくても十分に綺麗な夜景を撮影できます。
カメラの軽さと同じ理由で三脚もできるだけ持ち歩きたくなかったので手ブレに強いのはありがたいですね。

とは言え、三脚があるとシャッタースピードを遅くして撮影できますしあると便利なのは確かです。
これを機に「Manfrotto トラベル三脚 Element スモール アルミ 5段 レッド MKELES5RD-BH」も購入。
ただこの三脚はトラベルとあったので軽量なのかなと思いきや結構な重さなので出番がほとんどなし…。

ズームレンズキットか単体+タムロンレンズか迷った

「α7III」には、ボディ単体とズームレンズキットの2種類が販売されています。
このうち自分が買ったのはズームレンズキット。

「α7III」に合うレンズはもちろん持っていないのでボディと一緒にレンズが必須。
今ではセットになった「FE 28-70mm F3.5-5.6 OSS」のみを使っています。

でも、ズームレンズキットにするか、単体ボディに別のレンズを買うかギリギリまで迷いました。
もし別にレンズを買うとしたら「タムロン 28-75mm F/2.8 DiIII RXD」にするつもりでした。このレンズはF値が2.8通しで話題のもの。

タムロンのレンズは一台で何役もこなしてくれそうなモデルですが値段は安いとは言え当時は10万円近くカメラとセットで30万円を超えちゃいます…。
また、初めてのソニーのカメラでいきなり他社のレンズを使うのはあんまり良くないのかなと思ったり。

初めてのレンズとしてはズームレンズキットは良いのかもしれません。
でもF値が明るいレンズは欲しいなと思っていてタムロンのレンズを狙っています…。

まとめ

「α7III」を買って3ヵ月。
個人的にはだいぶ高い買い物でしたが画質の良さに満足です。
この美しさはスマホじゃ撮れませんね。

カメラ撮影について知識がほぼゼロなのにいまだにマニュアルを開いてもいません。
だから撮影はオートモードがメイン。
本来の機能を全然活かし切れていないので基本的な使い方だけでも早くマスターしたいです。

これから暖かくなる季節。
普段とはイレギュラーなシーズンではありますが新型コロナウイルスが収束したらカメラを持って色々と外出していきたいですね。

最後に「α7III」で撮影した実写をいくつかご紹介します。

-ガジェットその他
-,

Copyright© FreeeRoom , 2020 All Rights Reserved.