自転車

アマゾンで購入した自転車の防犯登録の方法。販売証明書と身分証明書が必要

更新日:

引っ越しを機に新しい自転車を購入する方も多いと思います。
自転車を購入したらまずやらなければならないのが、防犯登録です。

Amazonなどネット通販で購入した場合には、防犯登録の仕方に工夫が必要になるので、防犯登録してもらう方法をご紹介しますね。

ネット通販で購入した自転車は防犯登録を断られてしまう


(ロードバイクにもフレームで隠れてるところに防犯登録シールがあります)

自転車店から自転車を購入すると、自転車本体とは別に、防犯登録料として500円徴収されます。
これは自転車を利用する上では義務になっています。

「自転車の安全利用の促進及び自転車等の駐車対策の総合的推進に関する法律」と長い法律名、略して「自転車法」によって自転車の盗難防止を目的として黄色いステッカーを自転車に貼るようになっています
きっと、今まで乗っていた自転車にも、「〇〇警察」と「登録番号」が記載されているはずです。

自転車店から自転車を購入すれば、登録手続きと同時に、防犯登録の手続きもやってくれますが、問題なのがネット通販で自転車を購入した場合です。

最近は、自転車に限らずですが、ネット通販の方が種類も豊富ですし、リアル店舗よりもずっと安い価格で自転車を購入することができます。
Amazonや楽天の自転車ページを見ると、1万円~2万円の自転車がたくさんあります。

でも、Amazonから自転車から購入してみると、防犯登録はされていません。
防犯登録は都道府県の公安委員会が指定した団体が手続きをする流れになっているので、ネット通販ができるわけではありません。

もちろん、ネット通販で購入した自転車も防犯登録をする必要があります
でも、防犯登録をしてもらおうとAmazonで購入した自転車を自転車店に持って行って防犯登録の手続きの話をすると大半が断られます。

ちょうど、先日引っ越しをしたのを機にAmazonで新しい自転車を購入し、防犯登録を済ませましたが、ちょっとした事前準備が必要になります。

Amazonで購入した自転車の防犯登録の方法

Amazonでは、自転車の防犯登録を行っていません。
上述の通り、各団体が手続きをするからです。

Amazonでの防犯登録の方法をご紹介する前に、なぜ地元の自転車店で防犯登録の手続きを断られたかというと、どこで入手した自転車か分からないからです
防犯登録の目的は、盗難防止ですが、ネット通販で購入した自転車を他店に持って行ってもホントに自分で購入した自転車かどうか分かりません。
それこそ、盗んできた自転車の可能性もあり得ます。

このような背景があるので、自転車店に持って行っても手続きをしてもらえなかったのです。
これはネット通販に限らず、自転車店で購入したものを他店に持って行っても同じ対応を取られます。

Amazonのカスタマーに連絡し販売証明書を発行してもらう必要がある

このような背景があったのでネット通販で購入した自転車をそのまま持って行っても防犯登録ができませんでした。

Amazonで購入した自転車を防犯登録するためには、Amazonに「販売証明書」を発行してもらう必要があります
Amazonから自分で購入した自転車です、と証明する書類です。

この販売証明書を発行してもらうためには、(1)Amazonでの注文番号、(2)車体番号、を用意した上で、Amazonに連絡を取ることで発行してもらえます。
詳しくは下記のAmazonのページをご覧ください。

https://www.amazon.co.jp/gp/help/customer/display.html?nodeId=201999810

カスタマーへの連絡方法は電話やメールなど複数ありますが、メールの方が確かですよ。
最初は電話でカスタマーと話をしたのですが、販売証明書の発行は既に終わってしまったとか言われてしまったので、改めて必要な情報を記載した上でカスタマーにメールしたところ、メールの返信がありました。

1~2週間ということでこの間は自転車に乗れないので早く来ないかな…と待っていると、2週間後にAmazonから書類が届きました。

販売証明書には商品名や車体番号、色・サイズ、販売年月日、購入者、販売店であるAmazonについての情報が記載されていました。

防犯登録には、販売証明書と身分証明書が必要

販売証明書が届いたその日に自転車店に手続きしに行きました。
もちろん、自転車店までも手押しです。

この自転車はAmazonから購入した旨と、販売証明書を見せたところ、防犯登録可能ということで手続きをすることができました。

防犯登録の手続きをする際には、自転車店のスタッフが自転車に異常がないかどうかもチェックします。

防犯登録の手続きには、身分証明書を確認するものが必要になるので、住所を変更したばかりの免許証の提示で無事に防犯登録をすることができました

防犯登録をすれば万一盗難された時には追跡に役立つ

これからAmazonで自転車を購入される方も多いと思いますが、法律で義務付けられているので面倒かもしれませんが、防犯登録は必要です。

ホントは、自転車を購入した時に最初から販売証明書を同封してくれれば、面倒な手続きをせずにスムーズに防犯登録をすることができるんですけどね。

今回はAmazonで購入した場合の防犯登録の方法をご紹介しましたが、これは楽天やヤフーなど他のネット通販で購入した場合も同様です。
Amazonとは違い、楽天やヤフーの場合には自転車店が直接販売していることが多いので、防犯登録について問い合わせをすれば必要な書類を送ってくれるかもしれません

防犯登録には販売証明書が必須ではなく、あくまでどこから購入したのかを証明するための書類なので、フォーマットはありません。
ですから他のネット通販で購入した自転車の場合には、このような書類がないなら、領収書や受領書など購入した時の履歴を見せるだけでも防犯登録をしてくれるかもしれません。

防犯登録をしておかないと、万一自転車が盗難された時に自転車を追跡することができなくなってしまい、後悔しても遅いということになってしまいます

-自転車
-, ,

Copyright© FreeeRoom , 2020 All Rights Reserved.