結婚

【結婚】婚活アプリ・ペアーズで出会った女性と半年のスピード婚!出会いからプロポーズまで婚約報告

更新日:

ペアーズで知り合った女性と先日結婚をしました。

彼女とペアーズで出会ってからプロポーズをするまでわずか半年間。
いわゆるスピード結婚ってやつですね。

もしかしたらこのままずっと独身なのかな…と思った時期もありましたし、今もちょっと不思議ですが、将来の伴侶を見つける手段として、婚活アプリは最適だと思います。

ペアーズを使うきっかけから、奥さんとの出会い、結婚までお話していきたいと思います。

ペアーズを使い始めたきっかけは友達からの紹介

今ではペアーズ(Pairs)やOmiai(オミアイ)、ゼクシィ縁結びなどの婚活アプリは有名です。
婚活目的だけじゃなくて、彼氏・彼女を見つけるために使っている人も多いです。

自分がペアーズを使い始めたのは確か彼女と出会う1ヵ月くらい前から。
「ペアーズ」というワードは聞いたことがあるような無いような感じで、婚活アプリと聞いても出会い系と何が違うんだろう…くらいの認識でした。

ペアーズ公式ページ

それでも、ペアーズを使うきっかけが、友達からの紹介でした。
その友達はペアーズを駆使し、その時までに会った数は50人以上という強者…。
ちなみに、その友達も夏に恋人ができたとのこと。

友達によると、結婚相談所や婚活パーティーよりも、ペアーズという婚活アプリの方が選択肢が豊富で、コスパが良い出会いの場であるとのこと。

当時は友達の紹介や合コンなどリアルな出会いが一切ない状態。ペアーズを恐る恐る登録してみることに。
そして、1ヵ月もしないうちに彼女と出会うことに。

婚活1ヵ月で彼女を見つけた方法。ペアーズで出会えた

実は、ペアーズを使い始めて出会った人は、今の彼女だけ。
たった一人だけかよ…と思うかもしれませんが、婚活スタートしてわずか1ヵ月弱で将来の奥さんに出会うことができて大満足です。

それまで彼女がいなかったのは3年以上…。
男友達はみんな結婚し子供もいる人が多くてリアルな出会いは全くなかったです。
そんな状態でも出会うことができたのも、ペアーズのおかげだと思っています。

ペアーズの仕組みはホントに簡単。

気になった女性にいいね!を送り、その女性がいいね!を返せば、男女はマッチングとなり、メッセージのやり取りをすることができます
もちろん、最初にいいね!を送るのは男性からでも、女性からでも、どちらでもOK。

マッチングしてからは何を話そうと、デートをしようと、2人の自由。
メッセージ上でLINEのIDの交換をすることもできますし、電話番号を教えあうこともできます。
中には3往復くらいのやり取りだけで、食事の約束を取り付ける人も少なくないです。

ただ、メッセージを送るためにはマッチングすることが前提。
一般的にマッチングしたのはいいね!を送った人の1割程度と言われています。
リアルな出会いとは比べ物にならないくらい出会いはありますが、マッチングしなければ話もできないのはある意味、リアルよりもシビアかもしれません。

ペアーズは男性が毎月4,000円前後の有料に対して、女性は無料。
男女ともいいね!数は決められているものの、課金すれば新たにいいね!が付与されるので追加料金を支払ってガンガンいいね!を送っている人も…。

数打ちゃ当たるじゃないですが、いいね!を送りまくるというのも一つの方法かもしれません。
でも、プロフィール検索をうまく活用することで効率的に相性の良い人を探すことができます。

ペアーズのプロフィール欄はかなり細かいです。
自分の写真や住まい、学歴、年収、最初のデートまでの期間、結婚観…などなど情報はたくさん。
男女ともにプロフィールの項目は同じなので希望する条件にチェックを入れながら検索することができます。

様々な婚活アプリを併用する友達の中にはマッチングすることが目的になりメッセージが疎かになってしまっている人がちらほらいます…。
いくらマッチングの数が増えたとしても、自分が興味を持たない相手とメッセージのやり取りをするのは苦ですし、会いたいとは思わないんじゃないでしょうか。

ペアーズを使っている目的は恋愛であり婚活。
それを考えると、相性の良さそうな人を探していきたいところですね。

ペアーズでマッチングからメッセージ、初デートまでの流れ

ペアーズでリアルに出会ったのは1人だけ。それが将来の奥さんまで発展するとは幸運だったなと思っています。

彼女を見つけたのは検索結果からだったと思います。
確か年齢や結婚観などいくつかの条件をチェックして出てきた1人が彼女。

彼女には自分からいいね!を送りました。
これだけでも緊張しましたし相手がどう反応するかソワソワしていたのを覚えています。

彼女からもいいね!の返信がありマッチングに。
メッセージはかなり長文だったと思います。
一つの文章を作成するのにかなり時間がかかっていましたね。

彼女とは休日にすることや仕事のこと、趣味なんかを話していたと思います。
彼女とのお付き合いが決まった時、一緒にペアーズのアプリを削除してしまったので具体的にどんなやり取りをしていたのか分からないのは悔やまれるところ…。

ざっくばらんな話を5,6往復やり取りした後に、食事をすることに。
事前に嫌いな食べ物はどんなのか聞いておきました。

食事は新宿にあるオシャレな居酒屋でランチ。
このお店はお気に入りで今までに何度も行ったことがあるところ。
当日はめっちゃ緊張するので初めてのお店は外した方が安心です。

待ち合わせは新宿駅。
この日は大雨で人もまばらだったのですぐに彼女を発見。
人の印象って数分で決まるとか言われているので、駅からお店までの数分間は必死で話をしたのを覚えています。

初めて会った時の自分の印象を聞いてみたら、かなり緊張していたとのこと。
でも、誠実な人だと思ってくれたみたいです。
ただ、食事中に彼女に対して「美人局ではないですよね?」とアホみたいな質問をしていたとか…それだけ緊張してたってことですね。

そんな話もありましたが、会話は弾み、LINEも交換し、次も会いたいとアタック。

2回目で告白。4回目で付き合うことに。そして、出会って半年でプロポーズ

彼女と付き合うまでに4回デートをしました。
4回中3回がランチで食事した後に海沿いや公園、街を散歩する感じが多かったです。

4回目のデートで付き合うことになったのですが、実は2回目のデートの時に告白をしています。
まだ2回しか会ったことがないので告白は早すぎた感もありましたが、次会える保証はなかったですし、2回目のデート中にあれこれ考えていたら自然と告っていました。

結果的には、2回目で好意を伝えられて良かったです。
告白してからもしばらく散歩したのですが、どういう付き合いをしていきたいかみたいな前向きな話をすることができたのも告白をしたからだと思っています。

4回目はお花見をしに行ったのですが、この日も告白の返答はもらえないのかな…と思ってたらオッケーとのうれしい返事が。
ガッツポーズでしたね。

それからは彼女と毎日LINEをし、毎週末デートして、夏にはハワイにも行ってきました。
結婚についてはチラッと話題にはありましたが、具体的な話にはならず。
でも、ある時に何気ない話の流れから結婚しようということに。

ただ、ケジメとしてそれから1週間後に海沿いでプロポーズをしました。
もちろん、返事はオッケー。
ペアーズで彼女と出会ってからプロポーズをするまでわずか6ヵ月。
一般的にはスピード婚と言われるかもしれませんが、お互いのことを知る上では半年でも十分な時間だったと思います。

ペアーズで出会った彼女と半年のスピード婚のまとめ

今は、結婚に向けて着々と準備を進めているところです。

先日、やっとお互いの実家へ初顔合わせが完了しました。
残るは両家の顔合わせ。
これは来月に予定していて今はお店を探し中…。

それぞれの両親には友達の紹介ということにしました。
ペアーズが出会い系ではないというのは確かですが、理解してもらうには難しそうということで簡略に。

11月23日(いい夫妻)の日に港区役所に婚姻届を提出してきました!
これで晴れて夫婦となることができました。

とは言え、ペアーズという出会いの場がなければ今の奥さんを見つけることもできなければ、もしかしたら彼女もおらずずっと独り身のままだったのかも…。
ペアーズ様様ですね。

ペアーズで結婚や恋人を作った人は最近ホントに多いです。
もう2,3年したら社会人の出会う手段に婚活アプリが主流になるんじゃないでしょうか。

結局のところ、婚活アプリが提供するのって出会いの場だけです。
出会ってからは本人同士の自由。

まだ婚活アプリをやったことがない人は物は試しと、ペアーズをやってみてはいかがでしょうか。

-結婚
-, , , ,

Copyright© FreeeRoom , 2020 All Rights Reserved.